【OneMix2sで実際に使えたモバイルバッテリー2選】動作確認済の安全品がおすすめ
UMPC ガジェットレビュー

【OneMix2sで実際に使えたモバイルバッテリー2選】動作確認済の安全品がおすすめ

OneMix2sで使えるモバイルバッテリーを2つ紹介します。OneMix2sで使えるモバイルバッテリーは多くないので、動作確認済みの安全品を買うことを強くおすすめします。

OneMix2sで使えるモバイルバッテリーは少ない?手持ち品は全滅!

家でも外でも南の島でも活躍しまくっているUMPCのOneMix2sですが、バッテリーの持ちはあまり良くありません。

OneMix2sと一緒に南の島にたくさん行ったなあ
OneMix2sと一緒に南の島にたくさん行ったなあ

私の使い方(Chromeを複数立ち上げてwordpressでブログ執筆、Photoshopで画像加工など)では大体3時間ぐらいでバッテリーが切れてしまいます。

なのでOneMix2sを外で使用する場合はモバイルバッテリーは必須。出先で電源コンセントがいつも確保できるとは限らないですからね。

OneMix2sで使えるモバイルバッテリーを探そう!ということで、手始めに手持ちのモバイルバッテリーを試してみました。

手持ちのモバイルバッテリーは全滅
手持ちのモバイルバッテリーは全滅

■OneMix2sに不適合だったモバイルバッテリー(上の画像の左から順に)

  • RAVPower type-c 26800mAh
  • 海外のMINISOで買ったモバイルバッテリー
  • Anker PowerCore 13000
  • Anker PowerCore Fusion 5000

うちでレギュラーとして活躍している上記4つは全てダメ!OneMix2sでは使えませんでした!

まあね、MINISOのなんちゃってモバイルバッテリーは仕方がないとして、RAVPowerの大型モバイルバッテリーでOneMix2sが充電できないのはかなりショック。これでほとんどのノートパソコンを充電できていたので。

OneMix2sで使えるモバイルバッテリーの仕様は?

では、OneMix2sで使えるモバイルバッテリーの仕様はどうなっているのでしょうか?

色々調べてみると、OneMix2sはPD充電に対応していて、12V2.5A(30W)の出力があれば充電できるそうです。

この12Vというのが曲者で、例えば、上記のRAVPowerのモバイルバッテリーは12Vには対応していませんでした。(※Amazonで販売している最新版は12Vにも対応しているみたいです。)

12Vだけ抜けている
12Vだけ抜けている

RAVPowerのモバイルバッテリーのUSB-Cの出力一覧を見てみると「5V・9V・15V・20V」とありますが、肝心の「12V」は抜けていました。これだとOneMix2sは充電できません。

まとめると、OneMix2sを充電できるモバイルバッテリーは12Vの出力に対応していないとダメ、ということです。30Wは必須ではないので、満たない場合は充電スピードが下がるだけだと思います。

以上を条件にOneMix2sを充電できるモバイルバッテリーをAmazonや他の通販サイトで探すことにします。

VとかAとかWとかPDとか、充電にまつわるワードに強くない私は、Amazonのレビュー欄をよく読んで「OneMix2sを充電できた!」とコメントがある物を見つけました。

それが以下の2つのモバイルバッテリーです。

OneMix2sを充電できたモバイルバッテリー①:Omars USBC モバイルバッテリー20000mAh

1つ目は「Omars USBC モバイルバッテリー20000mAh」です。Omarsはあまり聞いたことがないメーカー名です。

このモバイルバッテリーの容量は20000mAhあるので、6500mAhのバッテリー容量のOneMix2sを2~3回充電できそうです。値段も3000円以下と手頃だったのでさっそく購入。

けっこう雑な作りの箱
けっこう雑な作りの箱
はさみでなんとかこじ開けた
はさみでなんとかこじ開けた
Omars USBC モバイルバッテリー20000mAh
Omars USBC モバイルバッテリー20000mAh
付属のコード
変換アダプター付き
変換アダプター付き

箱はかなり雑な作りではさみでこじ開けました。付属品はUSB-Cのコードが1本と、Micro USBとUSB-Cの両方使える変換アダプター付きのコードが1本。変換アダプター付きなのは便利ですね。

USB-Cの出力は12Vに対応
USB-Cの出力は12Vに対応

出力はきちんと12Vに対応しています。

オレンジ色の出力口がPD充電対応
オレンジ色の出力口がPD充電対応

オレンジ色の出力口がPD対応なので、ここからOneMix2sに充電をします。

OneMix2sを無事に充電できました
OneMix2sを無事に充電できました

OneMix2sを無事に充電できました!ほっとひと安心です。

数字でバッテリー残量がわかる
数字でバッテリー残量がわかる

このOmarsのモバイルバッテリーの面白い特徴が、数字でバッテリー残量が細かく把握できること。MAXが100で使った分だけカウントダウンして数字が減ります。必須機能ではありませんが、あると多少便利。

OneMix2sを充電している最中はこの数字がみるみる減っていくので、「ああ充電されているな」と実感できます。まあそれだけの機能です。

このOmarsモバイルバッテリーの弱点は558gという重さ。OneMix2s本体(515g)よりも重たいのです!

せっかく身軽なUMPCであるOneMix2sのお供としてはイマイチです!しばらく使ってみて、もっと軽いのが欲しいと思うようになりました。

OneMix2sを充電できたモバイルバッテリー②:Omars USBC モバイルバッテリー10000mAh

そこで次に購入したのが「Omars USBC モバイルバッテリー10000mAh」。同じOmarsのモバイルバッテリーで容量が半分の10000mAhになった物。

サイズは大体半分ぐらいで、重さも381gなので許容範囲。515gのOneMix2sと一緒に持ち歩いても1㎏以下で収まります。

ただし、値段は2000円ちょっとするので、20000mAhバージョンの半額ではなく、少し割高になります。初めから10000mAhの方を買えばよかったです…。

箱や内容物はほぼ同じ。

Omarsモバイルバッテリー10000mAh
Omarsモバイルバッテリー10000mAh
箱の中身はほぼ同じ
箱の中身はほぼ同じ
変換アダプターも付いてる
変換アダプターも付いてる

自分的に好評だった変換アダプターもちゃんと付属しています。

日本語のマニュアル
日本語のマニュアル

日本語のマニュアルもありました。

OneMix2sを充電できました!
OneMix2sを充電できました!
うん、ちゃんと充電できてる
うん、ちゃんと充電できてる

充電出力はもちろ12Vに対応しているので、OneMix2sを充電できることを確認できました!

相性が悪いといくら仕様が合っていても充電できない場合もあるので。正常に充電できて安心しました。

10000mAhの方は30Wなので、45Wの20000mAh版と比べると、若干充電スピードが落ちるようですが、私の使用感ではあまり変わらない印象。

それよりも、10000mAh版の方が軽くてかさばらないので断然モバイル向き。OneMix2sのパートナーとして最適です。

100円ショップのポーチにすっぽり入る
100円ショップのポーチにすっぽり入る
かさばらないので持ち運びもラク
かさばらないので持ち運びもラク

100円ショップの迷彩ポーチにもすっぽり入るので、OneMix2sと一緒にいつも持ち歩いています。

まとめ:OneMix2sのモバイルバッテリーは動作確認済みの物を選ぶのが無難

私が購入して動作確認済みのOneMix2s用モバイルバッテリーを2つ紹介しました。OneMixシリーズに限ったことではありませんが、中華製端末は仕様通りでないことが多々あります。どのモバイルバッテリーが合うかは、結局は試してみないとわかりません。動作確認済みの情報があるモバイルバッテリーを買うことを強くおすすめします!

Post Comment

CAPTCHA